FC2ブログ

Photo Gallery

先日、横浜に行った際に立ち寄った、日清食品の「カップヌードルミュージアム」
念願だった「マイカップヌードルファクトリー」を体験。

写真 2013-08-15 11 24 31

1.まずは、カップヌードルのカップを300円で購入。

写真 2013-08-15 10 30 27

2.次にアルコールで手を消毒。

写真 2013-08-15 10 31 32

3.備え付けのペンでカップに好きなデザインをします。

写真 2013-08-15 10 38 19

4.ハンドルを回し、麺にカップをかぶせるように入れます。
これが、「逆転の発想」だそうです。

写真 2013-08-15 11 12 38

5.醤油・シーフード・カレー・チリトマトの4種類からスープを1つ、12種類の具から4種類を選びます。

写真 2013-08-15 11 13 25

6.アルミキャップでふたをします。

写真 2013-08-15 11 16 17

7.シュリンク包装をしてもらいます。

写真 2013-08-15 11 16 52

8.エアパッケージに入れて、マイカップラーメン完成!

写真 2013-08-15 11 25 57

で、今日は、家族みんなで、試食会。

写真 2013-08-21 12 30 13

娘は初めてのカップラーメンに大はしゃぎ!

写真 2013-08-21 12 39 58

しかし、この数分後、カップを倒して麺をほとんど床にまきちらしてしまうことになるとも知らずに・・・


「カップヌードルミュージアム」

Home
授業が終わって自宅に帰り、扉をあけると!

写真 2013-08-09 21 30 07

お世話になっている方からいただいたブドウの保護材の発砲スチロールを使って、娘がメッセージを作ったそうです。

写真 2013-08-10 2 04 32

何気ないメッセージに癒され、ブドウもおいしくいただきました。

写真 2013-08-10 9 14 24


Home
前から気になっていた障子の穴。
休みの今日は、重い腰を上げて障子の貼り換えを実施。

写真 12-12-25 13 23 37

冬休みの子ども達も、手伝わせることにしました。

写真 12-12-25 13 23 52

簡単に終わると思っていた障子紙を剥がす作業が思っていた以上に手間取りました。
昼食後、新しい障子紙を貼る作業を開始。

写真 12-12-25 15 42 17

余分な部分のカットに1枚切りカッター「キリヌーク」が大活躍。

写真 12-12-25 15 44 29

枚数をこなすたびに、子供たちの手際も良くなってきます。

写真 12-12-25 16 32 54

8枚全部を張り終えた頃、外はすっかり暗くなっていました。

写真 12-12-25 17 34 34

結構、大変な作業でしたが子供たちにもいい経験をさせることができました。


Home
昨日、表彰式までの空き時間を利用し、以前息子と約束していた「本のプレゼント交換」の本を選ぶことにしました。

自分の小遣いで買える範囲で、マンガと図鑑以外ならどんなジャンルの本でも良いというルール。
制限時間は30分にしましたが、私の方が迷ってしまい10分延長してもらって無事購入終了。

クリスマスプレゼントにするつもりでしたが、帰宅後、息子がどうしても見てみたいというので、お互いの本を交換することに。

写真 12-12-09 20 57 17

本屋で「経営・金融コーナー」の前にいる息子を見かけたので、
「難しい本を読まされそうだな・・・」という予感がしていましたが、選んでくれたのは予想を覆すこの本でした↓

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術
写真 12-12-09 21 03 55

プレゼンもパワポのこともよく知らない息子が、この本を選んだ観察眼に正直驚きました。
話す機会の多い私にとって、最高の指南書をいただきました。

私は、最後まで迷った2冊の本を、結局どちらも購入。
1冊目は「数の悪魔」
ドイツのベストセラーの普及版で、実は、私が読んでみたかった本です。

数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜
(2000/04/01)
ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー

商品詳細を見る


もう1冊は「電車で行こう」という小説。
「男の向け作品人気NO.1」という帯のコピーにもつられ、読書のあまり好きでない息子でも楽しく読んでくれることを願って・・・

電車で行こう! 新幹線を追いかけろ (集英社みらい文庫)電車で行こう! 新幹線を追いかけろ (集英社みらい文庫)
(2011/03/01)
豊田 巧

商品詳細を見る


本を選んでいる時間、包装を開く瞬間、その後の読書時間、たくさんの有意義な時を楽しめるこのイベント、毎年恒例にしたいです。


Home
先日、美容室でハンドマッサージをしてもらっていると、店員さんから「この腕時計、大阪の橋下市長と同じじゃないですか?」と言われました。



帰宅後、気になって検索してみると・・・
調べている人っているもんですね。

橋下市長の腕時計

確かにバンドのデザインが似ていますが、私のものとは違ったようです。
しかも、橋下徹市長の時計の価格は、私の時計の約30倍!

高額なものではないですが、昨年のクリスマスにプレゼントされたこの時計。

写真 12-11-28 12 29 34

私にとっては「PRICELESS」です。


Home

WHAT'S NEW?